読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない。 ツイッターアカウント@buddha0123

YMO会

先日は後輩のY氏、M氏、O氏と会を開いた。

まずは近くの店で食料を購入。

O 「ぶっださんち、調味料は何があります?」

私 「何でもあるよ!

砂糖・・・塩・・・」

Y 「普通ですね」

 

そして我が家で日本酒を交えながら、

会を開いた。

Y 「ぶっださんちの電子レンジ、

どうして取っ手がないんですか?」

私 「自分探しの旅にでかけてしまったんだ」

 

O 「人とアイドルの話とかになっても、

興味がないから全くついていけません。

そういう時ってどうすればいいんだろう」

私 「そういう話を適当に合わせるのには

コツがあるんだ。

『あ、そのアイドル知ってる!

目が2つついてるよね!』

とか言うといい。

私はこの方法で二度と話しかけられなくなった」

O 「なるほどー、参考になります」

M 「ならないよ・・・」

 

O 「初対面の人と話す時も話すことに困ります」

私 「そういう時は、取っつきやすくて

誰もが関心を持っているような話題を振るといいよ」

O 「ほほう、例えばどんなものです?」

私 「スポンティニアスコンバッションだ!(人体自然発火現象)」

O 「人体自然発火現象は興味ありますよね」

Y 「そうですよね~」

M 「そんなわけないでしょ・・・」

 

M 「私は180円の日本酒4杯で酔っ払ってしまいます。

私の理性の値段は720円なんです」

Y 「だが、逆に言えば、

飲む酒の値段を高くすれば、

理性の値段も上がるのではないか?

理性は金で買える」

私 「世紀の発見だ!

私もドンペリでも飲んで理性を買うか」

 

その後、M氏は早々に酔っ払った。

今日の理性の値段は2千円ぐらい。

Y氏は東芝研究が進んでいるようだった。

M 「酒!お酒ください!」

Y 「(無視)東芝が損失を、

子会社や下請けに押しつけていくが、

結局まわりまわって本社に戻ってくるのを

宇宙遊泳と呼ぶそうです」

私 「宇宙空間は過酷だなぁ」

 

M 「お酒!お酒くらさい!」

私 「ほら、この豆乳を飲むといい。

豆乳を飲んだら豆乳をあげるよ」

M 「わーい」

 

M 「酒!酒!」

O 「(無視)ぶっださん、ご存知ですか?

電気痙攣法という治療法があるのを。

頭に電極を当てて電気を流すんです。

うつ病に効きますよ」

私 「コワイ」

 

O 「ちなみにうつ病の薬を開発する際、

やはり動物実験をする必要があるんです。

でも、元気なマウスに試したのでは意味がない。

そこでまずマウスを

うつ病にする必要があるわけです。

マウスをうつ病にする方法は、

大きなマウスにいじめさせたり・・・」

私 「やめるんだ。

君は一体どこからこの世界の闇

みたいな情報を取ってくるんだ・・・」

 

M 「お酒ください!」

私 「ほら、この水を飲むといい。

H2O100パーセントのノンアルコール日本酒だ」

M 「やったー!」