だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない。 ツイッターアカウント https://twitter.com/buddha0123

スティムソンとの思い出

日常生活において、料理という営為に接する機会は多い。

私はいつも楽しく料理をしたり、社会によって料理されたりしている。

そんな日々を送っていると、キッチン用具にはおのずと愛着がわいてくるものだ。

中でもIHクッキングヒーターは一番のお気に入りだ。

IHクッキングヒーターとは、火を使わずにフライパンを熱することができる調理器具のことだ。

私はIHにスティムソンという名前をつけた。

そしてスティムソンと共に料理に励んだ。

雨の日も、風の日も。

そして暑い日も、寒い日も我々は一緒に働いた。

次第に我々の間には深い絆が芽生えていった。

 

だがある日、突如として事件は起こったのだ。

いつものように私はスティムソンに声をかけ、スイッチを押した。

しかし、反応がない。

「・・・スティムソン?」

再びスイッチを押す。

だが、やはり反応は無い。

「おい、嘘だろ・・・

何とか言ってくれよ、スティムソン!

スティムソーーーン!!」

私は失意のあまり崩れ落ちた。

まるで戦場で苦楽を共にしてきた戦友を失ったような気分だ。

私は喪失感に駆られながら、修理会社に電話した。

「スティムソ・・・いや、IHが壊れてしまったのですが、一体どうすればいいでしょうか?」

電話先のヒューマンは、私の狼狽を感じ取り、優しく応対してくれた。

そして、修理の日程が決まった。

その間、私はスティムソンのいない孤独な夜を過ごした。

 

後日、修理の人が家に訪れた。

修理の人はスティムソンをしげしげと眺めると、颯爽と作業を開始した。

数分後、修理は完了した。

スイッチを押すと、なんとスティムソンが返事をしたのだ!

私は驚いた。

まるでネクロマンサーに戦友を蘇らせてもらったような気分だ。

我々は再会を喜んだ。

私はスティムソンをひしと抱きしめ、

「もう絶対に死なせたりしない。もう二度と戦場に置き去りにするものか」

そう、固く誓った。

こうして戦場には花が咲き、世界は再び平和に包まれたのであった。

 

翌日、スティムソンは再び戦死した。