読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

077 スティムソンとの別れ

 スティムソンが何者かについては、「074 スティムソンとの思い出」を参照して欲しい。

buddha01.hatenablog.com

 

ともあれ、私の愛しいIHクッキングヒーター、スティムソンは死んだのだ。

もう二度と帰ってはこない。

スティムソンが死んだ翌日、遺体は回収業者によって運ばれていった。

スティムソンを失った私は精神を破壊され、酒に溺れるようになった。

そして廃人のように失意の日々を過ごした。

 

数日後、新しいIHクッキングヒーターが到着した。

だが、私の心は暗いままだ。

いくら新しいIHが来たところで、スティムソンとの日々はとうてい忘れられるものではない。

きっと私はこの先、一生明るい気持ちになることはないだろう。

そんなことを思いながら、新しいIHのスイッチを入れた。

私は反応速度の速さに驚いた。

ワォ、アメイジング

こいつは最高だ!

さぁ、早速名前をつけよう!

私はウキウキしながら名前を考えた。

結局、名前はゲオルグ・ヴィルヘルム・フリードリッヒとなった。

が、長すぎるので、普段は省略して安藤と呼ぶことにした。

スティムソン?

一体誰だったか・・・