だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない。 ツイッターアカウント https://twitter.com/buddha0123

松屋、すき家、吉野家についての比較

f:id:buddha01:20170612215828j:plain

 

周りから美食家で知られる私は、

よく牛丼屋へ訪れる。

そこで今日は牛丼会のビッグ3

松屋すき家吉野家の3者を

比較してみようと思う。

 

まずは券売機の有無だ。

券売機が設置されているのは、松屋だけだ。

なるべく会話を避けたい方には、松屋が最適だろう。

一方、店員とのコミュニケーションを通じて

人とのぬくもりを感じたいという人は、

すき家吉野家へ行くのがいい。

まぁ券売機の有無はどちらも一長一短。

優劣はつけれられないと思う。

 

次に値段だ。

牛丼並盛りの価格は、

吉野家 380円

すき家 350円

松屋 290円

となっている。

一番大きい吉野家松屋の差といえども

たった90円の違いじゃないか、

と思う人もいるだろう。

だが、この差は大きい。

5秒に1回牛丼を食べると仮定して計算してみると、

1日で1万7280円、

1週間で12万960円

1年ではなんと630万7200円の差だ。

中古ならベンツが買える。

「あそこにベンツが停まっていますね?

吉野家じゃなくて松屋にしていれば、

あのベンツが買えたのですよ?」

などと、牛丼を食べながら

言うことができるだろう。

ベンツか吉野家の牛丼か。

これは各々の価値観の問題だ。

 

続いて看板の色の違いを見てみよう。

すき家の看板の色は赤と黄色。

確かエクアドル国旗は

赤が独立の際に流された血を、

そして黄色が豊富な天然資源を

意味していたはずだ。

つまり、これはすき家

創立されるまでの苦難、

そしてその果てに訪れた安定を

物語っているのだと思う。

 

次に吉野家

これはオレンジ、黒、白だ。

よく国旗では、

オレンジは繁栄、

黒は抑圧と侵略、

白は平和を表すという。

吉野家の栄光と挫折、そして再生。

そうした力強い歴史を感じさせる。

 

そして松屋は赤、青、黄色。

信号だな。

 

さて、ここいらで最も重要な点に踏み込もう。

牛丼屋の比較において最も大事なもの・・・

それは姓名判断だ。

早速こちらのサイトで各社の運を占ってみよう。

https://enamae.net

松屋の総運は吉。

キーワードは積極性、地位、財産。

堅実に努力を続ければ、

着実な成功が見込めるだろう。

 

一方、吉野家の総運は凶。

キーワードは波乱万丈、衝突、不安定。

やはり苦難の歴史が影を見せる。

 

すき家の総運は大吉。

キーワードは人望、逆転、大成。

運勢ではすき家に軍配が上がるだろう。

 

最後に味についてだが、

これはよくわからない。

トマジューと牛乳の区別もつかない私には

味の批評など、どだい無理な話だ。

人は語り得ぬものについては

沈黙しなければならない。

 

さて、このようにあれこれと見てきたが、

結局のところ人間はみなそれぞれ違うのだ。

自分に合った牛丼屋を見つけるのが良いと思う。

要するに大事なのは姓名判断だ。

こちらのサイトで牛丼屋の名前と

自分の名前を入れてみて欲しい。

https://name.kitsune.ne.jp/cgi_bin/fortune/chemistry.cgi

一番相性が良かった牛丼屋・・・

それがあなたの結婚相手だ。