だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない。 ツイッターアカウント https://twitter.com/buddha0123

ネオリバティーフリーダムヒルイン東京

 先日、所用があって自由が丘に

立ち寄る機会があった。

自由が丘は、さすが自由が丘という名だけあって、

様々な自由で満ちあふれていた。

今日はそのレポートだ。

 

さて、電車を降りると、

駅前にはこんな温度計があった。

 
f:id:buddha01:20170601215409j:image

現在の気温は24度。

しかし、ここは自由が丘なので

温度計の温度は自由に変えられる。

私は試しに600度に設定した。

すると周囲の人間が一斉に火柱と化した。

私は慌てて元の24度に直した。

みんなも温度を変えるときは

周りに気をつけて欲しい。

ちなみに可変温度はマイナス30度から

1500度までだ。

 

また、隣には発電量メーターがあった。

 
f:id:buddha01:20170601215403j:image

もちろんこれも自由に変えられる。

試しに10万kwに設定してみた。

すると周囲の人間が一斉に発光しだした。

これで夜も安心というわけだ。

 

私は更なる自由を求めて、

自由が丘を歩き回った。

辺りを見渡すと、そこら中にタワー団地があった。

きっとフリーダムに暮らしたいセレブ達が

ここに集まってくるのだろう。

町は栄え、自由の恩恵がもたらされていた。

 

店に入ると、全ての商品は

自由に持ち帰り可であった。

さすが自由が丘だ。

私は驚いて

「え、自由に持って行ってもいいんですか?」

と店主に聞いてみた。

すると店主は

「もちろん!ここは自由が丘だからな!」

と笑顔で答えた。

だが、店主はこんなことをつけたした。

「ただ、俺もこいつを自由にぶっ放してもいいというわけだ」

そう言うと店主は懐からマグナム銃を取り出し、

クルクルと回し始めた。

私はゴクリと生唾を飲んだ。

 

こんなのもあった。

 
f:id:buddha01:20170601215445j:image

バッタも自由を享受できる町、自由が丘。

 

しばらく歩いていると川が見えてきた。

これが自由が丘のガンジス川と呼ばれる多摩川だ。

 
f:id:buddha01:20170601215454j:image

ここは自由が丘なので、

川はみんな自由に使っている。

飲料利用から遺体の葬送まで

何でもござれだ。

私も何かやってみようと思い、

あたりを見渡した。

すると自由な追い剥ぎに遭って、

自由に放置されていた遺体があったので、

丁重に川へ流したりした。

 

そんなわけで私は様々な自由を謳歌した。

いずれこんな場所に住むのもいいかもなぁ。

そんなことを思いながら、

私は元いた不自由が丘へと帰って行くのであった。