だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない。 ツイッターアカウント https://twitter.com/buddha0123

浜離宮恩賜庭園に行ってきた!

 

先日、友人と浜離宮恩賜庭園へ行ってきた。

浜離宮恩賜庭園とは、東京の一番東の方にある

海に面した庭園だ。

 

当日は庭園の最寄り駅で友人と合流した。

庭園までの道の途中には、

あの有名な電通本社ビルがある。

ビルが視界に入った瞬間、

我々は強い疲労感を感じた。

辺りには暗黒が立ちこめ、

太陽の光すら届かない。

我々はビルの前を通り過ぎただけで、

危うく過労死しそうになった。

この社会の闇だ。

 

さて、それとは打って変わって、

浜離宮恩賜庭園はとても良い雰囲気の庭園だった。

こんな感じ。
f:id:buddha01:20170512191126j:image
どうだろうか?

私の低すぎる撮影力のせいで台無しだろう。

 

庭園内には、池や川がそこかしこにあり、

木々や緑もあふれていた。

そしてひらひらと舞い散る葉っぱ達。

友 「なかなか良い場所だな」

私 「趣があるなぁ」

友 「!!

ペッペッペッペッ!

クソッ、口の中に葉っぱが入ってきやがった!」

私 「趣がないなぁ」

 


f:id:buddha01:20170512191143j:image

友 「あれは何だろう?」

私 「多分、罪を犯した従業員を晒し者にする部屋だと思う。

もちろん扉は内側からは開けられないようになっている」

友 「かわいそう」

 

海を見渡せる方へ行くと、

将軍が漁師達を見下ろして楽しむための

茶屋の跡地があった。

友 「火災で焼失したらしい」

私 「天罰だな」



ちなみにこの庭園では昔、

鷹狩りが行われていたそうだ。


f:id:buddha01:20170512191158j:image

 

何だかシュールな光景だ。



しばらく歩いていると、

遠くに銅像が見えた。

友 「お、あの銅像は何だろう?」

私 「武装聖徳太子だ!」

我々は近寄って確かめてみた。

友 「ウマシマデノミコト像だってよ」

私 「うーん、惜しいな」

 

庭園には少し高い丘のような場所があった。

友 「あれは将軍お上がり場というらしい。

上がるか?」

私 「いや、将軍じゃないから上がれない」

友 「じゃあ何なの?」

私 「仏」

友 「将軍って仏より偉いんだなぁ」

 

そんなわけで我々は

庭園を存分に堪能できたと思う。

私 「やはり緑は良い」

友 「ああ、自然が一番だ」

しかし、海の方へ目を向けると、

水上バスが視界に入った。

友 「お、かっこいい!

あれ乗りに行こうぜ!」

私 「行こう行こう!

やっぱ、文明の利器が一番だ!」

我々は自然や庭園のことはさっぱり忘れて、

水上バスへと走っていった。