だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない。 ツイッターアカウント https://twitter.com/buddha0123

除湿機との闘争

昨日は加湿器の事なんて書いてしまったから、このブログは湿ってしまった。

一刻も早く乾かさねばならない。

というわけで除湿機の話だ。

つい先日買った加湿器とは違って、私と除湿機の付き合いは長い。

毎年、夏のじめじめとした暑さには、除湿機の力は欠かせない。

除湿機から吹き出される乾いた風は、部屋の湿度を下げてくれる。

そして、部屋は快適な環境に保たれる。

だが、私の乾いた心は乾ききったままだ。

いや、その話はいい。

除湿機の話だ。

除湿機とは良好な関係を築いていた私だが、去年の夏頃から異変が訪れた。

除湿機から異音が発生するようになったのだ。

部屋で気楽に休んでいると、突然ガリガリと音を立てたりし始める。

こうした機械の反乱に対して、人類はどのように立ち向かうべきか?

もちろん暴力だ。

私は怒りの鉄槌を除湿機に振り下ろした。

すると除湿機は大人しくなった。

これで万事、解決である。

暴力は全てを解決してくれる。

だがしかし、しばらくするとまた異音を立て始めた。

そこで私はまた怒りの鉄槌を振り下ろした。

大人しくなった。

だが、また異音を立てる。

振り下ろす。

大人しくなる。

だが、また・・・

こうして、除湿機に対して殴る蹴るなどの暴行を働くモンスターが生まれたのだ。

はたから見たら暑さで正気を失ったとしか思えない蛮行だ。

しばらくしたら、私はまた除湿機に暴虐の限りを尽くすだろう。

狂乱の夏が今年も訪れるのだ。